筑前 元寇防塁
     (生の松原防塁)


お城のデータ
所在地 福岡県福岡市西区生の松原1丁目
遺 構 石塁
形 式 防塁 築城者: 鎌倉幕府 築城年代: 建治2年


見 ど こ ろ

 元寇防塁は、西は今津から東は香椎まで博多湾海岸線に約20kmに渡って築かれている。 防塁は九州各国御家人の分担地区により構造は異なるが、概ね3m程の高さに築かれている。

 生の松原の防塁は、肥後国が担当して築造し警固に当たっていた。 白浜と松原の間に築かれた石塁は、「蒙古襲来絵詞」に描かれている肥後国の御家人家人竹崎季長が奮闘する防塁そのもので、元寇防塁の中でも一番有名なものだ。


歴     史

 文永3年、鎌倉幕府は元からの通交の求めに応じなかったため元・高麗の大軍が来襲し、博多湾から上陸して九州の御家人と激戦となったり、博多湾海岸線全域が戦場となった。(文永の役)

 文永12年、鎌倉幕府は元の再来に備えて鎮西御家人に異国警護番役を命じ、永仁元年には鎮西探題を設置して北条一門を西下して御家人を統括し、建治2年には石築地(防塁)を築かせた。 弘安4年の元寇再来時(弘安の役)には防塁と鎮西御家人の奮戦により、元寇の上陸を阻止に成功した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR筑肥線下山門駅〜徒歩約10分
 車 : 福岡都市高速環状線愛宕IC〜市道(明治通り)
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
博多湾の砂浜際に築かれた元寇防塁。

福岡県お城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県