信濃 井川城



お城のデータ
所在地 長野県松本市井川城1丁目
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 小笠原貞宗 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 井川城は、薄川と田川の合流地点にあり、頭無川を堀状に取り囲んで流れる地形を利用して築かれた居館城だ。

 現在は、住宅地と畑地となっていて、畑地の中に塚状(土塁の残部と思いたいが自信は無い)の上に井川城の案内板と標柱が立てられているだけだが、守護所であったことから、城域は結構広いものであったと思われる。


歴     史

 井川城は、築城年代は定かでないが小笠原貞宗によって築かれた。 貞宗は、建武の新政で信濃守護に任じられ、足利尊氏に従って戦功を賞されて建武2年に安曇郡住吉荘を与えられた。

 信濃国司の下向に伴い、信濃府中の地に守護所を移す必要があり、伊那松尾館より府中に移り居館を築いた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR篠ノ井線松本駅〜バス/中条
 車 : 長野道松本IC〜国道158号線〜国道19号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
信濃守護小笠原氏の守護所となった館。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県