薩摩 碇山城



お城のデータ
所在地 鹿児島県薩摩川内市天辰町
遺 構 なし。
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 碇山城は、川内川左岸の独立丘に築かれていて、丘の周囲には湿地帯であったとか。 薩摩・大隅守護の居城となっていた碇山城は、採石場として西半分が消え去り、その採石場もまた今では新興住宅地となっている。 残された東半分の岩山が、難攻不落の碇山城の面影を伝えているだけだ。


歴     史

 碇山城は、築城者は定かでないが南北朝時代に築かれ、島津貞久の時には薩摩・大隅の守護所の城であった。 暦応2年、島津貞久が上洛中に南朝方の渋谷・牛屎・菱刈氏らが碇山城を攻めたが、島津久長・酒匂久景らの奮戦により撃退している。 貞久没後は、島津総州家の居城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR鹿児島本線薩摩川内駅〜バス/碇山
 車 : 南九州道薩摩川内都IC〜国道3号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
薩摩・大隅守護の守護所となっていたお城。

鹿児島県お城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県