信濃 飯沼城



お城のデータ
所在地 長野県飯田市上郷飯沼
遺 構 曲輪、土塁
形 式 平山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 飯沼城は、現在の高陵中学校とその北側の住宅地一帯に築かれていた。 河岸段丘先端部の地形で、東側を除く三方に曲輪と空堀を配して防御を固めた縄張りであったと推定されている。

 城の主郭部は、飯沼諏訪神社の境内となっている場所で、社殿の裏手から南側にかけて分厚い土塁が残っている。

 神社の参道は、東側から階段を登るのだが、比高差もあり上から眺めるだけで決して登りたいとは思いたくない。(中学校側からは車で行ける。) 何しろ飯田線の電車も神社の下をトンネルで抜けていくのだから・・・。


歴     史

 飯沼城は、築城年代や築城者について詳細なことは定かでないが、この地の豪族飯沼氏の居城であったと考えられる。 飯沼氏は、応永7年の大塔の合戦に小笠原長秀に従って出陣している。

 戦国時代になると飯沼郷は知久氏の支配下になり、天文23年の武田氏の伊那侵攻により落城したと考えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線飯田駅〜バス/飯田高校前
 車 : 中央道飯田IC〜国道256号線〜県道229号線
駐車場: 飯沼諏訪神社の参拝者用の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
社殿の裏手には分厚い土塁が残るお城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県