遠江 井伊谷陣屋



お城のデータ
所在地 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷
遺 構 なし。
形 式 陣屋 築城者: 井伊道政 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 井伊谷陣屋は、元々の井伊谷城(城山公園)の南麓にあった井伊氏の居館の一部を利用して築かれていた。 「サンコーポラス引佐」(マンション)から南側の医院、そして道路を挟んで南の県道303号線までの区画が陣屋のあった場所だが、現在では宅地化により陣屋の遺構は何も残っていない。


歴     史

 井伊谷陣屋は、寛永8年に近藤用将によって築かれた。 用将の祖父近藤秀用は、徳川家康に仕え井伊谷15,000石の大名となったが、寛永8年に秀用没後所領は、5つに分割(金指多賀・井伊谷・大谷・花平)された。 

 この時、秀用の四男用義は父に先立っていたため、用義の嫡男用将が5,450石を分知され旗本となった。 以後、井伊谷近藤氏は、11代に渡ってこの地を領して明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線浜松駅〜バス/井伊谷
 車 : 新東名高速浜松いなさIC〜国道257号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
井伊谷五近藤と呼ばれた旗本井伊谷近藤氏の陣屋。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県