遠江 井伊谷城



お城のデータ
所在地 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷字城山
遺 構 曲輪、土塁
形 式 山城 築城者: 井伊道政 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 井伊谷城は、旧引佐町役場の北側にある山頂部(城山公園)と南麓一帯の居館(井伊氏館)築かれていた。 井伊氏は、平時は井伊谷城・井伊氏館に居城し、戦時には三岳城を本城としていた。

 南麓は宅地化され遺構は何も残っていないが、城山山頂部は二段に分かれ下段曲輪には土塁や虎口の遺構が残り、上段の曲輪は「御所丸」と呼ばれ、宗良親王の御所であったとされている。


歴     史

 井伊谷城は、南北朝時代に井伊道政によって築かれた。 道政は、後醍醐天皇の皇子宗良親王を擁して北朝方と戦ったが、暦応3年に北朝方の高師泰・仁木義長らに攻められ落城した。

 戦国時代、永正11年に曳馬城主大河内貞綱が尾張守護斯波義達と結んで今川氏親に叛旗を翻した時、井伊直盛は斯波方に与して三岳城に籠城したが、今川方の朝比奈泰以に攻められ落城している。

 永禄3年、桶狭間の戦いで井伊直盛が討死したため養子直親が家督を嗣ぐが、永禄5年に今川氏真に謀反の嫌疑をかけられ殺された。 直親の子直政は幼少であったため、直盛の娘次郎法師が直虎と名乗り家督を嗣ぎ、直政が成長するするまで城主を務めた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線浜松駅〜バス/井伊谷
 車 : 新東名高速浜松いなさIC〜国道257号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
戦国時代に女城主直虎が守った井伊氏本貫のお城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県