越後 五十嵐館



お城のデータ
所在地 新潟県三条市飯田字館ノ前
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 居館 築城者: 五十嵐氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 五十嵐館は、飯田地区の南側に幅約10m・深さ約1mの堀と土塁に囲繞された方形単郭の居館だ。

 発掘調査によれば、館の虎口は東側に開かれ四柱門が設けられていた。 また、南東・西南の隅の土塁上には櫓(1間四方の小屋)が建てられていたとか。

 縄張上、北東隅が一段高く横矢が掛けられるよう折れがあるのが、縄張上興味深い遺構だ。 ただ、五十嵐館は防御面から見ても、あくまでも平時の居館であり、戦時の時は詰の城である飯田城へ籠もったのだろう。


歴     史

 五十嵐館は、築城年代は定かではないが、五十嵐保の在地豪族五十嵐氏によって築かれた。

 五十嵐氏は、鎌倉時代よりこの地を領して、室町から戦国時代には越後守護上杉氏に臣従している。 天正6年の上杉謙信没後の家督争い「御館の乱」に景虎方に与したため、乱後に五十嵐氏は没落した。


お城へのアクセス
鉄 道: 信越本線東三条駅〜バス/飯田
 車 : 北陸道三条燕IC〜国道289号線〜県道281号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
方形に空堀と土塁で囲繞された居館。

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県