伊賀 大谷氏館



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市大谷字北垣内
遺 構 曲輪、土塁、堀跡
形 式 居館 築城者: 大谷氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 宇賀津大谷氏館は、大谷地区にある法泉寺の北西にある竹藪とその西側の民家敷地一帯に築かれていた。 辺りは、北側の丘陵から張り出した台地の先端部にあたる。

 居館は、ほぼ方形の単郭で、周囲を土塁と空堀が囲繞した縄張りとなっていて、現在は西側に長さ約40m程の土塁と南側に畑となっている堀跡が残っている。

 資料によれば、東側北東隅辺りにも土塁と空堀が残っているようだが、民家敷地内故に確認することはできなかった。


歴     史

 宇津賀大谷氏館は、築城年代は定かでないが大谷氏によって築かれた。 鎌倉時代に活躍した大谷弥次郎の末裔大谷太次郎の居館と云われている。 大谷氏は、天正伊賀の乱では忍田砦に立て籠もった郷士。


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線伊賀上野駅〜徒歩約20分
 車 : 名阪国道上野IC〜国道368号線〜国道422号線〜県道688号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
台地先端部に築かれ、土塁と空堀が残る居館。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県