伊賀 井上氏城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市中村字南ノ浦
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 丘城 築城者: 井上氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 井上氏城は、中村地区南にある辻堂古墳(市指定文化財)から東正面に見える丘陵先端部を利用して築かれいる。 城の北側にある轟城・前山城・岡島氏城・北坂城と共に相互防衛態勢を敷いていた。

 城の縄張りは、方形の主郭部を土塁が囲繞し、北から東側にかけて空堀が築かれている。 さらに、北側には二段の曲輪、南から西側にかけては帯曲輪が配置されていた。


歴     史

 井上氏城は、室町時代に井上氏によって築かれた。 天正7年・9年の天正伊賀の乱の時には井上安氏が居城した。


お城へのアクセス
鉄 道: 伊賀鉄道上野市駅〜バス/中村
 車 : 名阪国道中瀬IC〜国道163号線
駐車場: 辻堂古墳の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
背後の丘陵部と城域を画する空堀が良好に残っているお城。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県