伊賀 日置氏城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市下柘植字畑山1732
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 丘城 築城者: 日置氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 日置氏城は、名阪国道の建設により城の南側が破壊され、城の全容は判別しないが、名阪国道を挟んで南から北へと連なる丘陵の先端部を利用して築かれた城だ。 長方形の主郭・西側の帯曲輪・主郭東側の空堀と土塁が残り、名阪国道を挟んで南側に「南出構え」として日置氏南城が配置された縄張りとなっていた。


歴     史

 日置氏城は、築城年代は定かでないが日置氏によって築かれた。 三国地志に弥平兵衛尉宗清堡とあり、宗清を祖とする柘植三方に数えられる有力国人日置氏の居城。


お城へのアクセス
鉄 道: 伊賀鉄道上野市駅〜バス/伊賀支所〜徒歩約15分
 車 : 名阪国道下柘植IC〜県道133号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
柘植三方の一つ日置氏の本城。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県