三河 伊保東城



お城のデータ
所在地 愛知県豊田市保見町東古城
遺 構 曲輪、土塁、横堀
形 式 丘城 築城者: 三宅氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 伊保東城は、保見駅西側に連なる丘陵の先端部を利用して築かれている。 現在は、大部分が保見中学校のグランドとなっていて、グランド西側の道路脇に城石碑が立てられている。

 グランドによって城の大半は消滅しているが、南側の竹藪の中に主郭南側にあった腰曲輪と土塁・虎口、横堀の一部が残っている。 かつては丘陵支尾根頂上部に主郭を置き、背後の丘陵とは堀切で遮断してた縄張りであったとか。


歴     史

 伊保東城は、築城年代は定かでないが三宅氏によって築かれたと伝えられている。 その後、永正・天文年間には松平定勝・忠次が城主となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 愛知環状鉄道保見駅〜徒歩約10分
 車 : 名古屋瀬戸道長久手IC〜県道8号線〜国道155号線〜県道58号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
グランド南側の竹藪の中に遺構が残っているが・・・。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県