日向 井上城



お城のデータ
所在地 宮崎県延岡市古城町5丁目
遺 構 曲輪、空堀、土橋
形 式 平山城 築城者: 土持氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 井上城は、大瀬川南岸に沿って連なる丘陵(恒富中学校西側)に築かれている。

 城の縄張りは、丘陵の最高所に主郭を置き、北に向けて尾根上に八段も曲輪が階段状に構築され、南側には丘陵の4つのピークそれぞれに曲輪と配置し、尾根が土橋状になった連絡路で結ぶ縄張りとなっている。

 城の遺構は、保存状態は良かったが、一部が墓地や公園(荒れ放題?)となっている以外、殆ど雑木林となっていて遺構確認は結構苦労させられた。


歴     史

 井上城は、治承元年に土持栄綱が、または永仁5年に土持国綱が築いたと云う二説ある。

 土持氏は、平安末期から鎌倉時代に勢力を伸ばし、日向北部で最大級の豪族となり、南北朝時代には北朝方の有力豪族として戦功を重ねた。

 戦国時代、伊東氏・島津氏と共に日向を三分した勢力を誇ったが、伊東氏の勢力拡大に対応するため、永享元年に土持全宣が西階城へ居城を移した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線延岡駅〜バス/愛宕山下通
 車 : 東九州道西都IC〜県道18号線〜国道10号線〜県道225号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
大瀬川南岸に沿って連なる丘陵に築かれた土持氏初期の居城。

宮崎県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県