三河 本證寺



お城のデータ
所在地 愛知県安城市野寺町野寺26
遺 構 鐘楼、土塁、堀
形 式 城郭寺院 築城者: 慶円上人 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ

 雲龍山本證寺は、浄土真宗大谷派の三河触頭三ヶ寺(上宮寺・勝鬘寺・本證寺)の一つ。 広い境内、大きな本堂、こらだけならさほど驚くことはない。

 隅櫓を思わせる二層の楼閣、大手門を思わせる山門、そしてその前には満々と 水をたたえた堀、これはまるでお城そのものではないか!

 本證寺は、城郭寺院(城郭伽藍)の遺構が極めて良好に残っていることで知られている。 また、鐘楼や山門以外にも、寺の境内には、内堀の一部や土塁の一部も残る。

 ここはお城ではなくお寺。 境内に入って土塁や堀を求めて散策開始する前に、本堂前からでも参拝することをお忘れなく。(拝観は無料)


歴     史

 本證寺は、鎌倉時代に慶円上人によって開基された。 室町中期から戦国時代には、大きな勢力を持っていた。

 本證寺は、永禄3年から7年にかけて起きた三河一向一揆では、三河統一を図る徳川家康と対立した中心寺院の一つであった。

 永禄7年の和議により一揆は収まるが、家康は本證寺を含む諸寺・門徒に改宗・弾圧を加え、多くの寺院を破壊した。 その後、天正11年にようやく禁制が解かれ、本證寺も復活した。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄西尾線碧海桜井駅〜徒歩30分
JR東海道本線安城駅、JR東海道新幹線三河安城駅〜タクシー
 車 : 名古屋高速3号線〜国道23号線/藤井IC〜市道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
浄土真宗大谷派の三河触頭三ヶ寺の一つ。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ 安城市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県