三河 保久陣屋



お城のデータ
所在地 愛知県岡崎市保久町中村
遺 構 曲輪、石垣
形 式 陣屋 築城者: 石川総氏 築城年代: 慶安4年


見 ど こ ろ

 保久陣屋は、4千石を領した旗本の采地陣屋で、陣屋跡は現在下山保育園の敷地となっている。 陣屋の南側に陣屋の石碑が建てられていて、その背後には陣屋の石垣がよく残っていた。

 三河額田・加茂郡内にも旗本の采地陣屋も結構あり、保久石川家の祖総氏の兄貞當の大島陣屋や鈴木氏の則定陣屋なども保久陣屋同様に石垣などの遺構がよく残っている。


歴     史

 保久陣屋は、慶安4年に石川総氏によって築かれた。 総氏は、近江膳所城主石川忠総の七男で、父忠総の死去に伴い遺領の内3千石を相続して旗本に列し、後に1千石を上野・下野国内で加増された。 2代総昌の時に所領を全て三河額田・加茂郡内に集約され4千石を領し、以後10代総参の時に明治を迎えた。 


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄名古屋本線東岡崎駅〜バス/岡崎げんき館前〜バス/保久
 車 : 東海環状道豊田松平IC〜国道301号線〜県道477号線〜県道336号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
保育園の敷地南側には陣屋の見事な石垣が・・・。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県