伊予 法華津本城



お城のデータ
所在地 愛媛県宇和島市吉田町法華津
遺 構 曲輪、石垣
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 法華津本城は、水軍であった法華津七城の本城でもあった城で、法花津湾に面して半島状に突き出した丘陵に築かれている。 

 丘陵の先端部が本の丸を置き、連郭式に二の丸・三の丸を配した縄張りとなっている。 現状は、麓から丘陵の城跡も含めて全てミカン畑。 城の遺構は曲輪以外に見ることはできなかった。


歴     史

 法華津本城は、築城年代は定かではないが法華津氏によって築かれた。 法華津氏は、宇和西園寺氏十五将の内で船戦ができる唯一の勢力であった。

 永禄3年に豊後大友氏が宇和郡内各地に攻め入った時、城主法華津範延は大友氏に降ることなく最後まで戦った。

 城主法華津秋延は、天正13年に豊臣秀吉の四国征伐の戦功により伊予湯築城に入った小早川隆景から在城を許された。 天正16年に戸田勝隆が宇和郡の領主となると、法華津秋延は下城を命じられた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR予讃本線伊予吉田駅〜バス/法華津
 車 : 松山道西予宇和IC〜国道56号線/立間〜国道378号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
法華津水軍の本城となったお城。

愛媛県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県