肥前 多比良城



お城のデータ
所在地 長崎県雲仙市国見町轟木
遺 構 なし
形 式 平山城 築城者: 日向通良 築城年代: 平安末期


見 ど こ ろ

長崎県立国見高校の校門前に、国見町教育委員会が建てた「多比良城址」の碑が有るのみ。 高校の敷地もかつては、多比良城の一郭であったのだろうかと、勝手に想像するしかなかった。


歴     史

 多比良城は、平安末期に肥前の住人日向通良によって築かれたと言われている。 鎌倉末期に日向通良の子孫であろう多比良通世が古文書に名が見いだされる。

 戦国時代になると、多比良氏は有馬氏に臣従しており、この頃多比良重純という人物がいたことが知られている。

 天正12年、龍造寺隆信が戦死した後、神代城の神代貴茂が日之江城主有馬晴信とこの城で和睦したものの、ここで晴信によって謀殺されてしまったことで知られている。


お城へのアクセス
鉄 道: 島原鉄道多比良駅〜徒歩約15分
 車 : 長崎道諫早IC〜国道251号線〜国道389号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
平安時代からあったお城も今では碑があるのみ。

長崎県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県