肥前 太田城



お城のデータ
所在地 佐賀県佐賀市諸富町大堂字本村
遺 構 曲輪、堀
形 式 平城 築城者: 太田氏 築城年代:


見 ど こ ろ

 太田城は、大堂太田地区一帯が城域で、佐賀平野特有のクリークに囲まれた曲輪群からなる城だ。 今は地区の北端にある太田神社の境内を取り囲むように残るクリークがよく城の面影を今に伝えている。


歴     史

 太田城は、築城年代は定かでないが太田氏によって築かれた。 享禄年間に太田資元が関東から肥前へ下向して在地領主として勢力を拡げ、後に龍造寺氏に従った。 太田氏は、龍造寺滅亡後は鍋島氏に従い、江戸時代を通して太田の地を領し国家老の要職を務めた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR長崎本線佐賀駅〜バス/小杭
 車 : 長崎道佐賀大和IC〜国道263号線〜国道206号線/小杭〜県道48号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
江戸時代に鍋島藩国家老を務めた太田氏の居城。

佐賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
 | 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県