肥前 大垣城



お城のデータ
所在地 長崎県南島原市西有家町慈恩寺名
遺 構 曲輪、石垣、井戸
形 式 平城 築城者: 有馬泰隆 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 大垣城は、平城に分類されているが、背後に雲仙岳へと続く扇状台地の先端部に城は築かれている。

 しかも、城の下を岩田川と有家川が流れ海側から攻めるとなれば、なかなかの堅城である。

 城のかなり広大な規模で、今は畑と雑木林となっているが、随所に曲輪跡と思える削平地があった。 城の遺構としては、虎口付近の石垣(本の丸?)と少し離れた曲輪跡に井戸が残っている。


歴     史

 大垣城の築城年代は定かではないが、南北朝時代に有馬泰隆によって築かれた。

 永徳元年、有馬泰隆は南朝方に味方して、鳥栖武資と謀って兵を挙げた。 北朝方の今川了俊が肥後から海路島原半島に渡り、大垣城を攻めたが城を落とすことができず、翌永徳2年に再度大垣城を攻め、有馬・鳥栖連合軍と熾烈な戦いを行った。


お城へのアクセス
鉄 道: 島原鉄道西有家駅〜タクシー
 車 : 長崎道諫早IC〜国道251号線〜町道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
畑と雑木林の中に石垣が残るお城。

長崎県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県