美濃 一日市場館



お城のデータ
所在地 岐阜県瑞浪市土岐町一日市場
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 土岐氏 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ

 一日市場館は、国道19号線(旧道)と県道20号線が交わるTの字交差点正面にあり、現在は八幡神社の境内となっている。 境内に「美濃源氏土岐氏発祥の地」の石碑と案内板がある。

 神社境内を探索して見たが、館の遺構らしきものは残っておらず、ただ拝殿裏に土塁跡らしきものがあったが、これが本当の遺構かどうかは判らなかった。

 地形的には、丘陵の最先端の高台に築かれており平時の館としては申し分のない場所であった。


歴     史

 一日市場館は、美濃源氏土岐氏発祥の地で土岐氏草創期の土岐国房・光信・光衡と居城した。

 土岐光衡が源頼朝に従って戦功をたて美濃守護に任じられると、一日市場館は、美濃国府となった。

 その後、南北朝期には足利尊氏に従って、土岐頼貞が美濃守護となった。 土岐守護家が本拠を美濃中部の川手城等へ移して一日市場館は廃された。


お城へのアクセス
鉄 道: JR中央本線瑞浪駅〜徒歩5分
 車 : 中央道瑞浪IC〜県道352号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
美濃源氏土岐氏発祥の地。

岐阜県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県