常陸 府中城



お城のデータ
所在地 茨城県石岡市総社1丁目
遺 構 陣屋門、土塁、空堀
形 式 平城 築城者: 大掾(馬場)資朝 築城年代: 建保2年


見 ど こ ろ

 府中城があった場所は、常陸国の国衙が置かれた地でもある。 石岡小学校構内には、国衙の記念碑と府中城の縄張り図のある案内板が並んで建てられている。

  府中城の縄張り図を見ると、丘陵の上に築かれ、本丸・二の丸・三の丸や3つの出丸を配置し、幾重にも濠を廻らした、なかなか堅固で城の規模もある城であったようだ。

 現在は、石岡小学校に土塁の一部と、文政年間にたてられた陣屋の表門が、府中城の面影をかろうじて今に伝えている。 


歴     史
(現地案内板より)

 建保2年、大掾(馬場)資朝が居館を構え、貞和2年に馬場詮国が城郭の規模に整えた。 応永33年、水戸城の前身馬場城が江戸通房によって攻略され、それ以後府中城が馬場氏の本城となった。
 
 天正18年、馬場浄幹は佐竹義宣によって滅ぼされ、府中城には佐竹義尚が入城した。 慶長7年、関ヶ原で西軍に与した佐竹義宣は出羽久保田に移り、出羽六郷より六郷政乗が入封。 元和9年には政乗が出羽本荘へ移り、皆川広照が信濃飯田より入る。 皆川氏は三代成郷が没して継嗣なく断絶となった。

 元禄13年、水戸徳川頼房の5男松平頼隆が2万石を与えられて府中に入封した。 以後、水戸徳川家の四支藩(讃岐高松陸奥守山・常陸府中・常陸宍戸)の一つとして、10代続いて明治に至った。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR常磐本線石岡駅〜徒歩約15分
 車 : 常磐道千代田石岡IC〜国道6号線
駐車場: 石岡市民俗資料館の無料駐車場利用。


ひとくち MEMO
小学校の側に土塁と陣屋門が残る水戸徳川家支藩の居城。

茨城県のお城
一覧表へ
トップページへ 石岡市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県