上野 久永氏陣屋



お城のデータ
所在地 群馬県伊勢崎市東小久保方町3296
遺 構 曲輪、堀
形 式 陣屋 築城者: 久永重勝 築城年代: 江戸時代初期


見 ど こ ろ

 久永氏陣屋は、現在の大東神社・あずま水生植物公園となっている場所に築かれていた。 かつては、東西75m、南北120mの大きさで、堀や土塁が構えられ、南面には正門を有し、更に南へと通路が続いて細長い大手枡形となっていたとか。

 現在では、拡張された堀、神社の細く延びた参道にその面影を偲ぶしかない。


歴     史

 久永氏陣屋は、江戸時代の初期に旗本久永重勝によって築かれた。 重勝は、徳川家康に仕え武蔵・常陸・上野等にて3,200石を領し、東小久保方村は石高1,182石を支配するために陣屋を築いた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR両毛線伊勢崎駅〜タクシー/約20分
 車 : 北関東道伊勢崎IC〜国道17号線/流通団地前〜県道39号線
駐車場: あずま水生植物公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
大身旗本の采地陣屋。

群馬県のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県