陸奥 弘前城



お城のデータ
所在地 青森県弘前市下白銀町 弘前公園
遺 構 天守、櫓、門、石垣、曲輪、堀
形 式 平山城 築城者: 津軽為信・信牧 築城年代: 慶長年間


見 ど こ ろ

 弘前城は、二度訪れているが、どういう訳か、天守の写真撮影にいずれも失敗している・・・残念。

 現存天守以外に、二の丸に三層の辰巳・丑寅・未申櫓が現存している。 また、城門(櫓門)は、三の丸に追門手(大手門)・東門、二の丸に南門・東門、北の曲輪に亀甲門と5棟が現存している。

 弘前城は、本丸以外石垣を用いず、他の曲輪はすべて土塁で固められている。 現在の弘前公園は、弘前城のすべての曲輪が往時のまま残っており、その規模は、とても5万石弱の小藩の城とはとても思われない。 


歴     史

 戦国時代、南部領であった津軽の地も、群小の土豪による群雄割拠の様相であった。 この津軽地方を統一したのが、大浦為信である。 為信は、豊臣秀吉の小田原征伐に参陣し、津軽一円の本領安堵を得て、姓も津軽と改称する。

 慶長8年、津軽為信は弘前城の築城に着手するが、翌9年京都で客死し、築城は中断してしまう。

 慶長14年、2代津軽信牧は築城工事を再開し、47,000石の身代ににつかないような、五層の天守をはじめとする大城郭を完成させた。 この五層の天守は、寛永4年に落雷により焼失した。 その後、文化7年に本丸隅櫓を改造して天守とした。

 津軽氏は、12代に渡って津軽地方を領した。 尚、津軽氏の禄高は、文化5年に表高10万石となるが、実高は開墾の成果により30万石以上の身代であった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR奥羽本線弘前駅〜バス/市役所前公園入口
 車 : 東北道大鰐弘前IC〜国道7号線
駐車場: 追手門前の有料駐車場を利用


ひとくち MEMO
東北唯一の現存天守が残るお城。

青森県のお城
一覧表へ
トップページへ 弘前市のHPへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県