信濃 平瀬北城



お城のデータ
所在地 長野県松本市島内字下平瀬
遺 構 曲輪、石垣、土塁、堀切、竪堀、横堀
形 式 山城 築城者: 平瀬氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 平瀬本城から東へ尾根筋を登ると長大な横堀の遺構が現れる。 この先にあるピークが平瀬北城の主郭部だ。 

 この主郭か南西の尾根を降れば平瀬本城、西に伸びた尾根筋に段曲輪と堀切が5条の堀切が設けられている。 中でも堀切と横堀を組み合わせて「S字」状になった遺構は、興味深い遺構だと思える。


歴     史

 平瀬北城は、築城年代は定かではないが平瀬氏によって築かれた。 平瀬氏は、犬甘城主犬甘氏の一族で、南北朝時代から信濃守護小笠原氏に従い、主家と運命を共にしている。

 天文19年、武田氏に攻められ守護小笠原長時は居城林城を捨て平瀬城へと撤退。 天文20年、長時は平瀬城を一時回復するが、再び武田氏に攻められ落城し、城主平瀬義兼は自刃した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR篠ノ井線田沢駅〜徒歩約20分(登り口
 車 : 長野道豊科IC〜県道57号線〜国道19号線
駐車場: 19号線沿いのパーキングエリアを利用。(登り口に1台程度駐車可)


ひとくち MEMO
平瀬本城背後への敵の侵入を防ぐ支城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県