播磨 平福陣屋



お城のデータ
所在地 兵庫県佐用郡佐用町平福
遺 構 現存門
形 式 陣屋 築城者: 松平氏 築城年代: 寛永17年


見 ど こ ろ

 因幡街道の宿場町平福。 佐用川の流れ、山間の宿場町、この風情が、ここを訪れた人にほのかな安らぎを与えてくれる。 作用川左岸にある利神城城跡に登る前に、まずは宿場町を散策するのもいいものだ。

 この宿場町を見下ろすように高台(道の駅ひらふくの南隣り)に旗本の采地陣屋の平福陣屋がある。 陣屋跡は郷土資料館になっていて、利神城に関する資料も豊富に揃っている。 陣屋門が現存しているが、この門は元治元年に代官佐々木平八郎が建てたものとか。


歴     史

 平福陣屋は、寛永8年に利神城主池田輝興が播磨赤穂へ移り、利神城も廃城となったが、その後の寛永17年に播磨山崎城主松平(松井)康映の子康朗が5,000石を領内分知され、旗本采地陣屋を平福に構えた。 以後、一時期天領となるが松井松平氏が代々この地を領した。


お城へのアクセス
鉄 道: 智頭急行鉄道平福駅〜徒歩
 車 : 中国道佐用IC〜国道373号線
駐車場: 道の駅ひらふくの駐車場を利用。


ひとくち MEMO
因幡街道随一と云われた宿場町平福を治めた旗本陣屋。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ 佐用町のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県