播磨 姫路城



お城のデータ
所在地 兵庫県姫路市本町
遺 構 天守以下櫓、門、曲輪、石垣、堀
形 式 平山城 築城者: 赤松貞範 築城年代: 正平元年


見 ど こ ろ

 世界文化遺産にも指定されている国宝姫路城。 『さすが姫路城。』 何度訪れても、何時間いても見飽きることはない。  訪れるたびに新しい発見がある。

 姫山にそびえる五層の大天守と3基の小天守、菱の門を初めとする城門、化粧櫓などの櫓の数々、見どころだらけだ。

 石垣の城壁、要所要所に建つ櫓や城門、そして天守。 日本のどの城を訪れても見ることの出来ない光景が、姫路城にはある。 どこの城も規模の差こそあれ、明治の廃城までこのような姿であったのだろう。

 頭の片隅にこの光景を思い浮かべながら、どの城を訪れても、その城の築城当時の光景を思い浮かべることが容易になるだろう。

 姫路城の縄張りは、天守の建つ姫山山頂を中心に時計と逆回りに渦巻き状に曲輪・堀が配置されている。 渦巻き状の縄張りの城は、姫路城と江戸城(時計回り)の2城だけだ。

 それと、姫路城の特徴の一つに、「攻め寄せる敵にいかに背後を見せさせるか」を工夫した複雑な縄張りが上げられる。

 このことを思いながら菱の門から天守へと歩く。 何気なく後を振り返って見ると、そこには必ず城壁や櫓の鉄砲狭間が見える。

 もう一つの工夫が、攻める敵の心理を突いた巧妙な縄張りだ。 菱の門から天守を目指して上へ上へと登って来た敵。 天守に通じる最後の関門、水の一門〜2門へと通路は狭く、しかも下っている。 勢い付いている敵は、ここが天守に至る通路とは思いづらい。 正に心理作戦だ。

 姫路城の見どころは、内郭だけではない。 城の周囲を散策することをお薦めする。

 JR姫路駅と桜門の中間点、中堀を埋め立てて国道2号線が東西に走っている。 そして国道に沿って北側に今も土塁が累々と残り、要所には今も城門の石垣が立派に残っている。  


歴     史

 正平元年、播磨守護赤松則村の次男貞範が、南朝方に備えるために築城し、家老小寺氏が代々この城を守った。

 戦国時代に入ると、小寺氏の家老黒田氏が3代に渡り在城した。 この3代目が黒田孝高(如水)である。 織田氏の播磨侵攻が開始されると、黒田孝高は秀吉の軍師として播磨平定に活躍する。 天正8年に羽柴秀吉に姫路城を譲り渡し、孝高は御着城を居城とした。

 秀吉は、黒田氏時代の姫路城を近世城郭へと、浅野長政に縄張りさせ、黒田孝高を普請奉行として修築し、現在の大天守の位置に三層の天守をも設けた。

 秀吉の後、弟秀長の居城となるが、秀長が大和郡山城に移ると、北の政所の兄木下家定が入城して、25,000石を領した。
 慶長5年、関ヶ原の戦功により、徳川家康に女婿でもある池田輝政は、三河吉田から播磨一国52万石を領して姫路に入封する。

 翌年より輝政は、52万石の太守に相応しい城へと大修築を開始する。 慶長14年に大天守を始め一応の完成を見た。 

 その後、池田氏は輝政−利隆−光政と3代続くが、光政幼少のため因幡鳥取へと移封となった。

 元和3年、本多忠政が伊勢桑名から15万石で入封する。 忠政は、西の丸他の増築工事を行い、今に残る姫路城を完成させた。 現在も残る西の丸化粧櫓は、忠政の嫡男忠刻に嫁いだ千姫の化粧料によって建てられたと言われている。 

 幕府は、山陽道の要として特に姫路を重要視し、本多・松平・榊原と譜代の重鎮が代々配された。

 寛延2年、酒井忠恭が上野前橋から15万石で入封し、以後10代続いて明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線姫路駅〜バス/大手門前
 車 : 山陽道姫路東IC〜播但道花田IC〜国道372号線
駐車場: 桜の門前に有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
世界文化遺産、朝から夕方まで一日居ても見飽きることのないお城。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ 姫路市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県