紀伊 日置大野城



お城のデータ
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町大野
遺 構 曲輪、堀切、横堀
形 式 丘城 築城者: 安宅氏? 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 大野城は、安宅橋西詰めの小高い丘の上に築かれた城だ。 安宅本城の支城群の中で唯一破壊されたと云われていたが、春日神社(大永2年創建)の社殿西側にある城は、一部が破壊されて全容をつかむことが出来ないが、横堀・空堀などの遺構が良く残っているそうだ。

 春日神社前の出丸との間の切り通しまでは見ることが出来たが、時間の関係でその他は見ることが出来ず、折りをみて再度訪れたい。


歴     史

 大野城は、室町時代に安宅本城の西を守る支城として築かれたと思われるが、築城年代等については定かではない。


 「安宅一乱記」によれば、安宅氏の執事を務めた大野五兵衛の居城と云われていが、大野城の城主についても定かではない。

 ただ、この城の歴史は、安宅本城の支城であったことから、安宅本城と運命をともにしたと、容易に想像はつく。


お城へのアクセス
鉄 道: JR紀勢本線紀伊日置駅〜徒歩約5分
 車 : 湯浅御坊道路御坊IC〜国道42号線〜県道37号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
安宅本城の西を守る支城。

和歌山県お城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県