近江 日爪城



お城のデータ
所在地 滋賀県高島市新旭町饗庭字日爪
遺 構 曲輪、土塁、横堀、竪堀、堀切、土橋
形 式 山城 築城者: 日爪氏 築城年代: 戦国時代


見 ど こ ろ

 日爪城は、饗庭野と呼ばれる丘陵に築かれ、山頂部にある主郭からは清水山城から琵琶湖まで一望することができる。

 日爪城は、主郭部にL字形に土塁を巡らし、更に西側には稜線に沿ってクランクする横堀を巡らし、更に南側には堀切を設けている。 主郭と痩せ尾根を利用した土橋で結ばれた東曲輪は、東先端部から南北に横堀状の長大な堀切と外側の土塁が巡らされ、更に北へと続く尾根筋の西側斜面には畝状竪堀が設けられている。
 
 永禄年間に浅井・朝倉氏か西佐々木氏の影響を受けて改修された可能性が高く、小規模な城の割に縄張りは結構複雑で山城好きの者にはたまらない一城であった。


歴     史

 日爪城は、戦国時代に日爪氏によって築かれたと云われている。 この地は保延4年に成立した山門領木津荘で戦国時代は饗庭荘と呼ばれ、饗庭氏の西林坊・定林坊・宝光坊の三坊に分かれ、日爪は西林坊が領した。 貞治6年に日爪為治を地頭代として日爪に住まわせたと伝えられている。

 元亀3年、織田信長の命を受けた明智光秀は、饗庭三坊の三つの城と城下共に放火し、攻略しており、この一つが日爪城であったと推定されている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR湖西線新旭駅〜バス/日爪
 車 : 湖西道路志賀IC〜国道161号線/饗庭〜県道558号線
駐車場: なし。(日爪バス停前に駐車スペースあり)


ひとくち MEMO
小規模なお城の割には複雑な縄張りをもつお城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県