備中 日幡城



お城のデータ
所在地 岡山県倉敷市日畑
遺 構 曲輪、堀切
形 式 丘城 築城者: 日幡氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 日幡城は、毛利方の7つの境目の城の一つで、足守川右岸に面して築かれている。 堤防沿いの石材店の敷地内にある小高い竹藪が日幡城本丸だ。

 私有地なので中には立ち入れないが、作業場の背後に削平地が見えている。 作業場の脇と道路沿いに城跡碑が2基建てられていた。 城の縄張りは、石材店敷地辺りが主郭で、西側に用水路となっている堀切を隔てて出丸(畑地と住宅地)が置かれていた。 


歴     史

 日幡城は、築城年代は定かでないが日幡氏によって築かれた。 天正10年の羽柴秀吉による備中攻めの際、毛利方に与した城主日幡六郎兵衛は日幡城に籠もり、毛利氏の援軍上原元祐が楯築山に陣を張り、秀吉勢と対峙した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線岡山駅〜バス/日畑
 車 : 岡山道岡山総社IC〜国道180号線〜県道245号線〜県道389号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
毛利方の7つの境目の城の一つに数えられているお城。

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県