三河 幡豆寺部城



お城のデータ
所在地 愛知県西尾市寺部町城越
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 寺部城は、海岸線近くの舌状台地の地形を巧みに利用した城だ。

 現在、寺部城は、公園として整備されていて、城の規模は小さいながらも、本丸には土塁が残り、二の丸・三の丸には切岸が良く残っている。 また、本丸東側の空堀は、現在遊歩道となっている。

 寺部城へは、幡豆町役場前の道を海側に「太山寺」の案内板に従って曲がり、坂道を上り詰めたところに寺部城の標識がある。


歴     史
(現地案内板より)

 築城者は不明であるが、永正11年、小笠原定政が早川三郎を敗って寺部城主となり、以後小笠原氏(定正−広政−重広−信元−信重)の居城となった。

 欠城(寺部城の西800m磯城とも言われた)の小笠原氏(−範安−安元−康 次−広勝−広信)とともに、永禄の初めごろまでは今川氏に従い、以後家康に属して家康の関東移封とともに、天正18年小笠原氏も上総国周准郡に領地を賜り、 関東に移った。

 その後、江戸時代に入って寺部城も自然に廃城となったものと思わ れる。(現地案内板より)


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄蒲郡線西幡豆駅〜徒歩約10分
 車 : 東名高速音羽蒲郡IC〜三河湾オレンジロード/蒲郡〜国道247号線
駐車場: なし。(登城口前に駐車スペース約3台程度あり)


ひとくち MEMO
規模は小さいながらも遺構がよく残っているお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ 幡豆町のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県