大隅 隼人城



お城のデータ
所在地 鹿児島県霧島市国分上小川字新城
遺 構 なし。
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 隼人城は、国分市街を見下ろす城山に築かれていて、南正面には錦江湾を挟んで桜島の雄姿を見ることができるお勧めスポットだ。

 城山公園として整備されているので家族でお弁当を広げる光景がぴったり。 でも、資料によれば複郭の曲輪があったとあるが、公園内を探索するも城の遺構らしきものを確認することができなかった。 


歴     史

 隼人城は、伝承によれば熊襲隼人の居城であったと云われ、発掘調査でも縄文・弥生時代から古代にかけての遺構が出土している。

 城として歴史に現れるのは、応永年間に税所淳弘が居城したと伝えられている。 大永5年、本田親尚が本田兼親を讒して橘木城を奪ったので兼親が隼人城を築いて拠った。

 慶長9年、島津義久が隼人城南麓に居館(舞鶴城)を築いて富隈城から移ってきて、隼人城を詰めの城とした。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線国分駅〜タクシー
 車 : 東九州道国分IC〜県道472号線〜市道
駐車場: 城山公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
錦江湾に浮かぶ桜島が真正面にみえるお城。

鹿児島県のお城
一覧表へ
トップページへ 霧島市のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県