伊賀 早山氏城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市比土字早山
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 丘城 築城者: 早山氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 早山氏城は、龍王山に連なり木津川に沿って南北に延びる丘陵(通称城山)に築かれ、早山地区の民家が丘陵西麓に沿って建ち並ぶが、その南端の民家背後の丘で、南から松山氏城・早山氏城・上出砦と北に向かって並んいる。

 城の縄張りは、三方を切込土塁で囲み、西に向かって虎口が開かれている。 虎口の内側から北の土塁まで一段高く、その下部に土留めの川原石を用いた石垣が築かれている。(後世のものかどうか判断できず)


歴     史

 早山氏城は、室町時代に早山氏によって築かれた。 詳細なことは定かでないが、「伊乱記」には天正6年の丸山合戦には比土村葉山新助の名が見える。 


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線伊賀神戸駅〜徒歩約15分
 車 : 名阪国道上野東IC〜国道422号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
三方を取り囲む切込土塁が完存し、三つの隣接するお城と連携して防御。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県