羽後 八反田城



お城のデータ
所在地 秋田県雄勝郡羽後町新町
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 
八反田城は、新町川左岸の八反田公園となっている小高い丘に築かれている。 雄勝郡から由利郡へと通じる本荘街道を押さえる役割を担った城であった。

 丘の最高所に主郭を置き、北と西側にそれぞれ段曲輪が数段配置されているが、丘陵北側はグランドとなってこの部分にあったであろう城の遺構は破壊されている。

 北西部のグランド入口には両側に土塁があり、公園を訪れた人を出迎えてくれる。 この土塁は、南側の曲輪の縁に沿って築かれ、その外側には空堀が残っていた。


歴     史

 八反田城は、築城年代や築城者は定かではないが、近くにある高寺城の出城として機能していることから、高寺城が築かれた元亀年間に築城されたと推測できる。

 慶長年間に最上義光の侵攻により落城、城主小野寺久昌は剃髪し、その後久昌寺を開基したとされている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR奥羽本線湯沢駅〜バス/沼
 車 : 湯沢横手道湯沢IC〜国道398号線〜県道36号線
駐車場: 八反田公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
公園入口の両側には高土塁が今も残るお城。

秋田県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県