武蔵 鉢形城



お城のデータ
所在地 埼玉県大里郡寄居町鉢形
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 平山城 築城者: 長尾景春 築城年代: 文明年間


見 ど こ ろ

 鉢形城は、荒川と深沢川の間に広がる扇状の地に築かれ、城の北側は荒川が蛇行し河岸段丘を削り断崖となった要害の地となっている。

 鉢形城は、荒川に面した最高所に本丸を置き、荒川上流に向けて二の丸・秩父郭、諏訪郭・三の丸・逸見郭・大光寺郭、搦め手に笹曲輪、外曲輪が配置された縄張りだ。 それぞれの曲輪が土塁と堀によって仕切られていた。

 本丸は、三つの小さな曲輪に分かれていて、上杉時代の鉢形城はこの本丸だけだったと思われた。


歴     史

 鉢形城の築城年代については諸説があるが、文明年間に長尾景春によって築かれた説が有力である。 

 文明8年に長尾景春は主家山内上杉顕定に背いたが、文明10年に太田道灌が古河公方足利成氏の要請により鉢形城を攻め景春を敗走させた。 鉢形城には上杉顕定が移り修築を行った。

 その後、戦国時代には藤田康邦が城主となるが、小田原北条氏の勢力が拡大するに従って、北条氏康の三男氏邦を婿養子に迎えた。 永禄3年、氏邦は鉢形城を大修築して居城とした。

 天正18年、豊臣秀吉による小田原征伐が開始されると、北条氏邦は鉢形城にて豊臣方の前田利家・上杉景勝・真田昌幸・本多忠勝らに攻められ落城。 氏邦は前田利家に預かれ、鉢形城は廃城となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR八高線・東武東上線・秩父鉄道寄居駅〜徒歩約10分
 車 : 関越道花園IC〜国道140号線〜国道254号線〜剣道30号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
北条氏の北関東進出の一大拠点となったお城。

埼玉県のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県