播磨 端谷城



お城のデータ
所在地 兵庫県神戸市西区櫨谷町字寺谷
遺 構 曲輪、土塁、堀切、櫓台、竪堀
形 式 山城 築城者: 衣笠範景 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 寺谷バス停から小川を挟んで北側の丘陵に満福寺本堂の屋根が見える。 ここが端谷城だ。 満福寺が建つところが端谷城三の丸だ。(境内の片隅に城主衣笠範景の忠魂碑がある)

 端谷城は、城の規模はさほど大きくはないが、何と云っても堀切・空堀の深さに驚かされる。

 丘陵の先端部分を深さ約10メートルはあろうか、大堀切で丘陵の尾根から完全に切り離している。 しかも、この大堀切は本丸・二の丸のある主郭部分を逆U字型に囲むように掘られたいるのだ。

 もう一つのこの城の見どころは、満福寺から二の丸への経路にある空堀だ。 ここから見上げる二の丸切岸は、頭上からの威圧感があり、攻め寄せる敵勢の士気を大い低下させたことだろう。


歴     史

 端谷城は、室町時代後期に衣笠範景によって築かれた。 衣笠氏は、播磨守護赤松氏の一族の別所氏流で、鎌倉時代中期より櫨谷庄を領していた。 衣笠氏代々の本城は池谷城で、最後の城主範景が端谷城を築いて本城を移した。

 天正6年の三木合戦では、衣笠範景は、三木城主別所長治に与し、織田信澄・明石則実(枝吉城主)らによって攻められ、籠城戦の末、天正8年に落城した。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線明石駅〜バス/寺谷
 車 : 阪神高速7号北神戸線前開IC〜県道65号線〜県道52号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
深さ10メートル程もある大堀切が圧巻のお城。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ 神戸市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県