但馬 土田陣屋



お城のデータ
所在地 兵庫県朝来市和田山町土田
遺 構 移築現存門
形 式 陣屋 築城者: 小出英直 築城年代: 延宝元年


見 ど こ ろ

 和田山にあった旗本陣屋は2つある。 土田(はんだ)小出氏陣屋と糸井京極氏陣屋だ。 糸井陣屋は遺構が残っているが、この土田陣屋は住宅地となり何も残っていない。 唯一、JR養父駅近くにある教連寺の山門として陣屋の門が移築され残っている。


歴     史

 延宝元年、小出英直は出石城主小出英安から1,500石分知され、この地に陣屋を構えた。(本家出石小出氏はその後元禄9年に断絶、園部小出氏が小出氏嫡流)

 土田小出氏6代目大和守秀実は、慶応2年にロシアとの樺太境界交渉の正使としてモスクワへ派遣された。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線和田山駅〜バス/土田
 車 : 舞鶴道福知山IC〜国道9号線
播但道和田山IC〜国道312号線/一本柳〜国道9号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
全く遺構は残っていないが陣屋門だけが移築して残る。
  • 土田陣屋門の移築先
    教連寺  兵庫県朝来郡和田山町高田

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県