遠江 浜松城



お城のデータ
所在地 静岡県浜松市中区元城町
遺 構 復興天守、石垣、曲輪
形 式 平山城 築城者: 徳川家康 築城年代: 元亀3年


見 ど こ ろ

 浜松城公園として整備され、その公園の規模は広大だ。 城の遺構となると、公園の範囲に比べると少々物足りない感じがする。

 天守曲輪一帯の石垣は、野面積みの石垣でなので、公園整備の為に新たに組まれた石垣(本丸等)とはすぐにくべつが出来る。 天守台の上には鉄筋造りの復興天守が立っている。

 天守曲輪北側は、天然の渓谷を堀が替わりとしていたが、現在ではこの渓谷を利用して日本庭園がある。 このあたりの方が、むしろ浜松城の往時の姿を留めているような気がする。

 余談・・・公園入り口(美術館前)にある派出所は、2層の立派な櫓造り建物。


歴     史

 浜松城前身の曳馬城は、今川の臣飯尾氏の居城であった。 遠江への勢力拡大を図る家康は、永禄11年に曳馬城を攻略する。 翌12年家康は、遠江制圧すると曳馬城を改修して岡崎城からここに移った。

 元亀3年、三方が原で武田信玄に大敗した家康は、曳馬城も含めた大規模な築城を行ったのが浜松城である。

 天正14年、家康が駿府城に移り、天正18年には近江佐和山から堀尾吉晴が12万石で入封する。 子の忠氏が出雲月山富田城に移るまでの11年間に浜松の城下町の基礎が出来た。

 江戸時代の浜松城主には、幕閣への登竜門として移封される大名が多く、老中の居城(出世城)となることが多かった。 天保の改革で有名な水野忠邦も自ら望んで肥前唐津より浜松城主となっている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線浜松駅〜バス/市役所南
 車 : 東名浜松IC〜国道152号線
駐車場: 浜松城公園の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
徳川家康が築き、東海一の勢力を築く拠点となったお城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ 浜松市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県