阿波 白地城



お城のデータ
所在地 徳島県三好市池田町白地
遺 構 曲輪、土塁
形 式 山城 築城者: 近藤京帝 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 長宗我部元親の「うたかたの夢」の白地城。 かつては、四国最大の規模を有していたが、今は跡形も残っていない。

 「かんぽの宿」(現あわの抄)が建設された時に空堀も、土塁も、曲輪も削り取られてしまい、 宿の玄関前に、申し訳なさそうに「白地城」の案内板が建てられていた。 しかし、周囲を散策すると、立派な石碑も僅かであるが土塁や切岸も残っていた。


歴     史

 白地城は、南北朝時代に近藤京帝が築城した。 その後、子孫は大西氏を称した。 天正4年に大西覚養は、土佐の長宗我部元親に追われてしまう。 

 白地城は、元親の四国統一の拠点として大修築された。 天正13年、豊臣秀吉の四国平定により、白地城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR土讃線阿波池田駅〜タクシー
 車 : 徳島道井川池田IC〜国道32号線
駐車場: なし。(阿波池田簡易保険保養センターの駐車場を利用)


ひとくち MEMO
長宗我部元親の四国統一の拠点となったお城。

徳島県お城一覧表へ トップページへ 三好市のHPへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県