越後 羽黒館



お城のデータ
所在地 新潟県胎内市羽黒
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 居館 築城者: 羽黒氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 羽黒館は、現在の羽黒三社から徳岩寺までの段丘端に築かれ、戦国時代の中条氏の居城鳥坂城への大手筋を守る位置にある。

 縄張りは、自然の地形を巧みに利用した多郭式の居館で、概ね10の曲輪から構成され、羽黒三社・徳岩寺のいずれも曲輪跡に建てられている。 それ以外の曲輪は、田畑と雑木林となっているが、羽黒三社の裏手と徳岩寺南側に空堀の遺構が良く残っていた。


歴     史

 羽黒館は、築城年代は定かでないが、中条氏の庶流羽黒氏によって築かれた。 羽黒氏は、中条氏初代茂連の子茂泰に始まり、中条氏の庶子家の中でも最大の勢力を誇った。 その後、室町後期になり越後動乱頃の応永34年に中条宗家によって滅ぼされた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR羽越本線中条駅〜バス/羽黒道
 車 : 日本海東北道中条IC〜県道591号線〜国道7号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
中条家庶流羽黒氏の居館。

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県