淡路 郡家城



お城のデータ
所在地 兵庫県淡路市多賀
遺 構 曲輪、土塁、空堀、堀切
形 式 丘城 築城者: 田村氏 築城年代: 室町時代後期


見 ど こ ろ

 郡家城は、一宮中学の南側に妙京寺があり、この寺の東側正面に見える半島状の城山の先端部に築かれている。

 現在、城は竹林・雑木林に覆われているが、城跡へは城山西先端部に橋があり、ここに登城道がある。

 縄張りは、先端部の最高所に「天守」と呼ばれる一の曲輪があり、西に二の曲輪、三の曲輪がある。 この二の曲輪南側には低いが土塁が残っていた。 

 一の曲輪東側には、深い堀切(一面竹に覆われていた)があり、さらに東側には曲輪があり、ここにも土塁の遺構があった。 


歴     史

 郡家城は、室町後期に淡路一宮伊弉諾(いざなぎ)神社の祭主家田村氏が築城した。 田村氏は、室町・戦国時代に足利氏・三好氏に従っていた。

 天正9年、羽柴秀吉の淡路侵攻の際に、田村村春・康広は秀吉に従わず落城して田村氏も滅亡した。


お城へのアクセス
鉄 道: 淡路交通バス津名港、岩屋港〜一宮中学校前
 車 : 神戸淡路鳴門道津名一宮IC〜県道88号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
竹藪、雑木林となっているので足下はしっかり固めて登城すべし。
  • 郡家城の登城口
    一宮中学校正門前でT字に交差する町道を約300m進むと小さな川を渡る。 この橋を渡り、すぐ右手に細い道を入る。(車は、この細い道に入る手前付近に路上駐車。) 細い道はすぐ行き止まりになるが、かまわず進む(徒歩のみ)と小さな橋を渡り、竹藪の中へ入る道がある。 これが登城口。 藪の中を約50mほど進むと右手に登る道があり、ここを右手に登れば郡家城の曲輪に行ける。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県