播磨 御着城



お城のデータ
所在地 兵庫県姫路市御国野町御着
遺 構 堀、土塁、井戸
形 式 平城 築城者: 小寺政隆 築城年代: 永正16年


見 ど こ ろ

 御着城は、中世の播磨で三木城英賀城と共に播磨三大城に数えられた城だ。 現在では、住宅地の中に埋没して、姫路市役所東支所の敷地内に城址公園として石碑が建てられている。

 御着城は、天川を外堀として利用し、四重の堀によって囲まれた縄張りであった。 現在、城址公園に隣接するグランド東側に土塁が残ると案内板にあったが、よく判らなかった。

 東支所の建物北側の堀跡には、江戸時代の天川橋の遺構が移築され、また支所西側に黒田重隆(黒田孝高の祖父)の墓所がある。 


歴     史

 御着城は、永正16年に赤松氏の一族小寺政隆によって築かれて、以後小寺氏代々の居城であった。

 御着城最後の城主小寺政職は、黒田職隆・孝高父子等の有能な人材を登用して西播磨に勢力を誇った。

 天正5年、織田信長の命により羽柴秀吉が播磨へ侵攻したとき、家老黒田孝高の助言に従い一旦は織田方に付いた。 

 しかし、小寺政職は、三木城主別所長治や摂津有岡城主荒木村重が信長に反旗を掲げたとき、毛利方に寝返った。 天正8年、三木城・有岡城の陥落後、秀吉に攻められ落城した。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線御着駅〜徒歩約15分
 車 : 姫路バイパス別所IC〜国道2号線
駐車場: 姫路市役所東支所の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
播磨三大城のひとつに数えられた小寺氏の居城。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県