近江 五番領城



お城のデータ
所在地 滋賀県高島市安曇川町五番領字西良
遺 構 土塁
形 式 居館 築城者: 山崎兵庫頭 築城年代: 応安2年


見 ど こ ろ

 五番領城は、旧街道沿いにある五番領地区の中心部にある天満宮から信広寺にかけての方形単郭の居館形式の城だ。 城の遺構は、資料によれば民家に土塁の一部が残存しているとのことだが、民家敷地まで立ち入ることもかなわず確認はできなかった。


歴     史

 五番領城は、応安2年に山崎兵庫頭によって築かれた。 山崎氏は、佐々木(六角)氏系愛智氏でありながら佐々木(高島)氏系が勢力を張った高島七頭の一角を占めていている。 元亀年間、時の城主山崎左馬介は、織田信長の高島侵攻により五番領城は攻められ落城し滅亡した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR湖西線安曇川駅〜バス/五番領
 車 : 名神京都東IC〜湖西道路・国道161号線〜県道23号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
高島七頭の一つ山崎氏の居城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県