豊後 岐部城



お城のデータ
所在地 大分県国東市国見町岐部
遺 構 曲輪、石垣(復元?)
形 式 山城 築城者: 岐部成久 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ

 岐部氏一族で元和6年に日本人として初めてヨーロッパに渡ったペトロ・カイス・岐部、彼の神父像が建てたれた記念公園の裏山が岐部城だ。

 公園駐車場の傍らに岐部一族の墓石があり、その背後から登城口がある。

 城跡は、城址公園として一部整備されていて、石垣が復元されている。 城の規模自体は広くもないが、山頂部を中心に数段に渡って曲輪が配置されている。


歴     史

 岐部城は、鎌倉時代に岐部成久によって築かれた。 成久は、弘安の役にも参陣して戦功を立てている。

 岐部氏は、水軍の将であったと考えられ、応仁2年には岐部茂実は、明国まで渡り修交貿易を行ったと云われる。

 岐部氏は、大友氏の豊前制圧に尽くしたが、慶長5年に大友吉統が石垣原の合戦で敗れ、大友氏再興がなされなかったが、それ以後岐部城の歴史は伝わっていない。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線宇佐駅〜バス/岐部
 車 : 宇佐別府道路宇佐IC〜国道10号線〜国道213号線
駐車場: ペトロ・カイス記念公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
ペトロ・カイス・岐部神父ゆかりのお城。

大分県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県