日向 月山日和城



お城のデータ
所在地 宮崎県都城市高城町大井手字横馬場
遺 構 模擬天守、曲輪、土塁、空堀
形 式 山城 築城者: 肝属兼重 築城年代: 元弘年間


見 ど こ ろ

 日向三高城(高城高岡城・月山日和城)の一つ。 伊東氏と島津氏がこの地方の拠点として争奪戦を繰り広げた月山日和城。 現在、本城に三層の模擬天守(郷土資料館)が建てられている。

 月山日和城の縄張りは、池の城・内の城・中の城・本城・真城・樽原・取添の曲輪があり、麓に城主居館が設けられていた。

 城の遺構は、真城の周囲に低いが土塁跡が残り、また真城と本城の間の通路は、縄張り図と照らし合わせて見れば空堀の跡だ。


歴     史

 月山日和城は、元弘年間に肝属兼重によって築かれた。 肝属氏は南北朝の争乱には南朝方に属し、暦応3年に北朝方の畠山直顕が大軍を率いて攻めた落城した。

 明応4年、島津氏は都於郡城主伊東氏と和睦して、三股院千町の土地を伊東氏に割譲した。 伊東氏は、この城に八代長門守を城主とした。

 天文元年以後、島津氏が伊東氏の八外城奪回を図って攻め、天文3年には城主落合兼佳が北郷氏に降り、城は北郷氏の持城となった。

 その後、伊集院忠棟−忠真の持城となったが、元和の一国一城令によって廃城となり、内の城に地頭館が設けられた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線都城駅〜バス/高城上町(路線詳細 宮崎交通のHPへ
 車 : 宮崎道都城IC〜国道10号線〜県道47号線
駐車場: 郷土資料館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
三股院を見渡すような丘に築かれ、三層の模擬天守があるお城。

宮崎県のお城
一覧表へ
トップページへ 都城市のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県