大和 二見城
     


お城のデータ
所在地 奈良県五條市二見4丁目
遺 構 堀跡
形 式 平城 築城者: 二見氏 築城年代: 元弘年間


見 ど こ ろ

 二見城は、東を流れる吉野川にせり出すような台地の先端に築かれ、北から南へと周囲に堀を巡らしてあった。

 現在では、本丸・二の丸跡は、妙住寺の境内となって、境内西側が一段低くなっているところが、堀跡である。 それ以外に城の遺構らしきものは何も残っていない。


歴     史
(イベント時の模型)

 元弘年間に二見氏によって築かれたと言われているが定かではない。 筒井氏の家老松倉重政が、豊臣秀吉に仕え宇智郡で8,000石を領していたが、慶長13年に1万石を与えられて二見城主となった。

 重政は、この時大修築を行っている。 その後、大坂の陣の戦功により、重政は肥前日之江へ加増転封となり城も廃城となった。 松倉氏転封後、この地は幕府直轄地となり五條代官所が置かれた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR和歌山線二見駅〜徒歩10分
 車 : 西名阪香芝IC〜国道165号線/大和高田〜国道24号線
駐車場: 妙住寺の参詣者駐車場(無料 20台程度)を利用。


ひとくち MEMO
吉野川(紀ノ川)に三方を囲まれたお城。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県