信濃 船山城



お城のデータ
所在地 長野県下伊那郡松川町上片桐字城
遺 構 曲輪、空堀
形 式 平山城 築城者: 片切氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 船山城は、南は南沢の渓谷、北は天神平の急斜面となった天竜川河岸段丘の先端部分に築城されている。 西方より東方に細長く突出した形状が、船を山上に置いたように見えることから、船山城の呼称が起こったとも云われている。

 船山城は、主郭を段丘先端に置き、西側へ二の曲輪・三の曲輪と配置された連郭式縄張りの城だ。 主郭部は雑木林、二の曲輪と三の曲輪が果樹園となっていて空堀の名残を見ることが出来る。

 三の曲輪には御射山神社がある。 神社境内の西側には空堀の名残の貯水池となっていた。 また、この神社の鳥居前に立派な石碑と案内板がある。


歴     史

 船山城は、築城年代は定かではないが平安時代末から戦国時代まで春近領片切郷に勢力をはった片切(片桐とも)氏によって築かれた。 

 戦国時代の天文23年、片切氏は武田信玄の伊那侵攻に対して松尾城主小笠原信定に従って武田勢を迎え撃った。 しかし、知久頼元の神之峰城が落城すると片切氏は、武田氏に降った。

 天正10年、織田信長は嫡男信忠を大将に伊那に進攻した。 武田氏に従った片切氏は、武田氏と共に滅亡した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線上片桐駅〜徒歩約10分
 車 : 中央道松川IC〜県道223号線〜町道
駐車場: 御射山神社の鳥居前に駐車スペースあり。


ひとくち MEMO
片切氏の本城も今では果樹園に・・・。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ 松川町のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県