加賀 船岡城



お城のデータ
所在地 石川県白山市鶴来八幡町
遺 構 曲輪、石垣、土塁、空堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 天正年間


見 ど こ ろ

 加賀一宮駅正面の船岡山に船岡城は築かれている。 城跡への登城口は3ヵ所あるが、南側の登り口が一番分かり易く、この登り口には案内板がある。

 船岡山頂の城跡は、一応道標などの整備はしているが、鬱蒼とした木々と下草に覆われている。 また、城跡からの眺めは極めて悪い。

 しかし、城の遺構は主郭(本の丸・二の丸・三の丸等)を中心に良く残っていて、城の縄張り容易に知ることができる城だ。 城の南側は自然の崖となっているが、主郭部には空堀が巡らされ、土塁や石垣が築かれている。 特に、本の丸周辺が見応えあり。  


歴     史

 船岡山は、白山比盗_社の伝承によれば、心霊の初鎮の地と言われている。

 この船岡山に城が築かれた年代は定かではないが、天正元年に越前朝倉義景が滅びると、加賀一向一揆は直接織田信長の攻撃にさらされることになり、この頃盛んに加賀国内要所の諸城を整備していることから、天正の初期に築かれたといえる。

 天正8年、織田信長による加賀一向一揆平定戦くり広げられ、この時船岡城も落城した。 天正12年、加賀石川・河北2郡を与えられた前田利家は、船岡城に高畠石見を配置した。 その後、一国一城令により廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 北陸鉄道石川線加賀一宮駅〜徒歩10分(登り口まで)
 車 : 北陸道小松IC〜国道8号線/寺井(大長野西)〜県道
駐車場: なし。 白山比盗_社参拝者用駐車場を利用。


ひとくち MEMO
白山比盗_社の隣の丘に見事に曲輪が残っている山城。
  • 船岡城の登り口 
    一宮駅前のT字交差点を山に向かって登ると一つ目の信号手前に案内板がある。       登城口から城跡まで約15分。

石川県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県