伊賀 福地氏城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市柘植町浦出
遺 構 曲輪、石垣、土塁、空堀、土橋、櫓台
形 式 丘城 築城者: 福地氏 築城年代: 天正年間


見 ど こ ろ

 名阪国道伊賀ICのすぐ近く。 城跡の本郭の一部が名阪国道によって削り取られている。 今まで名阪国道をよく利用するが、こんな所にお城があったとは・・・。

 伊賀町柘植の町で松尾芭蕉が生まれたそうだ。 松尾氏代々の菩提寺が福地氏城の入口にある萬寿寺で、これにちなんで城跡は、芭蕉公園として整備されていた。

 この城は、山頂部の本郭の周囲を高さ4メートルほどの土塁で四方を囲んでいる。 本郭虎口の両脇には石垣が築かれ、南隅は一段高くなり櫓があったと思われる。

 さらに、この本郭を中心にして、曲輪が取り巻く形に配置され、本郭との間には空堀が掘られている。 また、城跡と萬寿寺との間には、周囲を土塁(三方が残る)で固めた館跡も残っている。

 福地氏城は、館と詰めの城が組み合わさり、伊賀の中世城郭では珍しい石垣が用いられている城だ。


歴     史

 福地氏城は、天正年間に築城されたと考えられているが定かではない。

 福地氏は伊賀でも有数の勢力を持った豪族で、天正9年の織田信長による伊賀侵攻に際して、福地伊予守は信長に味方し、侵攻軍の道案内をしている。 伊賀の乱後は、池尻平左衛門尉が城主となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線柘植駅〜徒歩20分 or タクシー
 車 : 名阪国道伊賀IC〜国道25号線
駐車場: 芭蕉公園の無料駐車場(10台程度)を利用。


ひとくち MEMO
伊賀の豪族の城郭として貴重な遺構。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ 伊賀市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県