伊賀 深井氏城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市中友田字亀山
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 丘城 築城者: 深井康朝 築城年代: 建永元年


見 ど こ ろ

 深井氏城のある丘陵には、東から菊永氏城、深井氏城、中友田東城と横一線に三つの城が並んで築かれていた。(向山集会所の南側が菊永氏城、西側の竹藪の中に深井氏城) 竹藪の中故に切り込んだ土塁などの遺構撮影では、あまり写真映りの良い城ではない。

 深井氏城は、丘陵中腹の南斜面を切込式の四方土塁で囲んだ主郭、南側の平虎口の前に帯曲輪が設けられ、東に堀切を設けてた縄張りとなっている。 ただ、西側方面は自然地形で防備が為されていないのは、西側にある中友田東城と連携を前提とした防備と思われた。


歴     史

 深井氏城は、建永元年に深井康朝が築城し、以後深井氏代々の居城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 伊賀鉄道上野市駅〜バス/下友田
 車 : 名阪国道下柘植IC〜県道133号線〜県道673号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
竹藪の中には四方を土塁に囲まれたお城があった・・・。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県