越前 大野城



お城のデータ
所在地 福井県大野市城町
遺 構 復元天守、門、曲輪、石垣、空堀
形 式 平山城 築城者: 金森長知 築城年代: 天正4年


見 ど こ ろ

 大野の市街地から見上げると、小高い山(亀山)の上に小さな天守閣が見える。 郷土歴史館・土井利忠を祭る柳廼社の裏手に城への登り口があり、ここに搦手門が復元されている。

 山頂部の城跡は、公園として整備されていて、各曲輪の石垣などが残り、縄張りの様子が良くわかる。 また、復元された二層の天守の中は資料館と なっている。 

 この大野は、朝倉義景の最後の地で、墓所の側に義景公園がある。  


歴     史
(現地案内板より)

 天正3年、越前を平定した織田信長は、金森長近を4万石でこの地に封じ、天正4年に長近は亀山に築城したのが大野城である。

 天正13年、金森長近は飛弾高山に移り、その後、織田秀雄・松平秀康(城代 土屋昌雄)・松平直政が城主となった。

 寛永10年、松平直政が信濃松本に移り、替わって松平直基が越前勝山より入封する。 直基の出羽山形への移封に伴い、正保元年に松平直良が越前勝山より入封する。

 天和2年、松平直明が播磨明石へと移り、替わって土井利位が常陸下妻から4万石で入封して、以後土井氏が明治まで城主として続いた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR越美北線越前大野駅〜徒歩約10分
 車 : 北陸道福井IC〜国道158号線
駐車場: 郷土歴史館前の無料駐車場(50台程度)を利用。


ひとくち MEMO
小京都越前大野、ここはまた越前の太守朝倉義景の終焉の地。
  • 城下町大野は、今でも昔ながらの風情を伝えている。 城下町の散策も是非お奨め。 寺町通りに武家屋敷・・・。 朝市を楽しむのもよいかも。

福井県のお城
一覧表へ
トップページへ 大野町のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県