越後 高梨城



お城のデータ
所在地 新潟県小千谷市高梨字大原
遺 構 曲輪、土塁
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 高梨城は、高梨地区にある越後製菓の工場の西側に小高い丘があり、この丘一帯に築かれていた。

 台地上が畑地となり開墾されており、どの様な縄張であったかは推測の域を出ないが、本丸を中心に台地上に二の丸・三の丸と複数の曲輪があったと考えられる。

 本丸とされる一角には「Lの字」型に土塁が残り、現在は無いがその外側には往時空堀があったと推定される。 また、この土塁上には城跡碑と案内板が立てられて、畑の中に城主の墓があった。


歴     史

 高梨城は、築城年代や築城者は定かではないが、文明年間に長尾能景の三男景長の居城した。

 その後景長は坂戸城に移り、高梨頼春が城主となった。 頼春は、信濃中野城主高梨政頼の子で、長尾為景との縁からこの地へと移った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR信越本線来迎寺駅〜バス/北高梨
 車 : 関越道長岡南越路IC〜県道23号線〜国道351号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
北信の豪族高梨氏が越後で与えられた居城。

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県